黒米ほうじ茶

黒米ほうじ茶

たおやか

「一緒にお茶でも」
しなやかでやさしい、
憧れの、あの人の声。
ピンと張りつめていた
心と体がふわりとゆるむ、
たおやかな一杯。

赤紫色をまとった珠玉の味わい

黒米ほうじ茶

1包5g

14包入り

1,000円(税抜)

2包入り

300円(税抜)

ほのかな香ばしさと、やさしい甘さ

  • 焙煎度

    浅め 深め

  • すっきり コク

  • 香り

    さわやか 香ばしい

さっぱりだけど、
コク深い

「抹茶茎ほうじ茶」をベースに、古代米の一種である
佐賀県産「黒米」をブレンド。さっぱりとした抹茶茎ほうじ茶の味わいに、
黒米の香ばしさがアクセントになり、印象に残る飲み口です。
黒米を浅めにローストすることで苦みをおさえ、
上品な甘さと香りを引き出しました。
和食との相性が良く、料理のお口直しとしても最適です。

絶妙なブレンドで完成した赤紫色

最もこだわったのは、飲んでやさしく、見た目にも美しいこと。黒米の良さであるアントシアニンが溶け出さないよう焙煎温度を見極めつつ、色を変化させずに水分を抜く方法で火入れをしています。また、お茶の色を楽しんでいただけるよう、黒米と抹茶茎ほうじ茶のブレンド比率に細心を払いました。透明感があり薄く黄みがかった抹茶茎ほうじ茶をベースに、黒米の分量を調整することで、目にも美しい赤紫色のほうじ茶が誕生しました。

生みの親の話
牛島 啓太
福岡県 八女 「牛島製茶」

熊本県水俣

大正18年創業の牛島製茶。四代目として茶園を受け継ぐ牛島啓太さんは、八女には欠かせない存在。先代より伝わる「深蒸し製法」にこだわり、栽培〜製造〜焙煎〜販売を行うマルチプレーヤーです。研究熱心で話し上手の牛島さんは、八女茶の魅力を広げるべく、イベントなどにも積極的に参加。現代の消費者のニーズを察知し、魅力的な商品づくりに励んでいます。

  • 和食
  • 天ぷらなど
    重めのものを
    食べたとき
  • お肉料理
アレンジレシピを見る

赤紫色をまとった珠玉の味わい

黒米ほうじ茶

1包5g

14包入り

1,000円(税抜)

2包入り

300円(税抜)