青じそ玄米ほうじ茶

青じそ玄米ほうじ茶

きおく

香りの記憶は正直だ。
淹れたてのほうじ茶に
「ああ、懐かしい・・・」
あの頃の景色がよみがえる。
からだも、こころも、
ふわりと温まる一杯。

青じそ、玄米、茶葉が三位一体

青じそ玄米ほうじ茶

1包3g

14包入り

1,000円(税抜)

2包入り

300円(税抜)

食欲を誘う美味しい香り

  • 焙煎度

    浅め 深め

  • すっきり コク

  • 香り

    さわやか 香ばしい

香ばしさの中に
爽やかなインパクト

一口含むと懐かしい香りと味わいが広がります。
浅煎りしたほうじ茶に炒った「うるち米の玄米」をブレンド。
香ばしさの層を作ることで、より奥行きのある味わいが完成しました。
アクセントとして青じそをプラス。ほのかな清涼感が料理を引き立て、すっきりとした後味です。
毎日の食卓茶として、食事の〆のお茶漬けにもぴったりです。

厳選素材の良さを引き出す独自製法

熊本県水俣市で栽培された無農薬・無化学肥料の茶葉で作ったほうじ茶に、熊本県産うるち米の玄米、隠し味として青じそをブレンドしました。それぞれの良さを引き出せるよう、ほうじ茶の焙煎方法や玄米の炒り具合の微調整はもちろん、青じその青臭みが出過ぎないよう乾燥方法にもこだわりました。ダブルの香ばしさの後に広がる、爽やかな青じその香りが食欲を刺激します。和食との相性が良く、家庭用の定番茶として重宝します。

生みの親の話
天野 浩
熊本県 水俣 「天の製茶園」

熊本県水俣

熊本県水俣市でお茶づくりに取り組む天野浩さん。飄々とした佇まいとは裏腹に、見つめる先は今ではなく、その先の未来。「良いお茶を作るには、良い山がなくてはならない」と、無農薬・無化学肥料栽培に取り組んでいます。その思いは日常生活にも反映されており、自然循環型の暮らしを実践。お茶や地域、自然を考えるきっかけになればと、各地のイベントにも参加しています。

  • 和食
  • 蕎麦
  • おにぎり
アレンジレシピを見る

青じそ、玄米、茶葉が三位一体

青じそ玄米ほうじ茶

1包3g

14包入り

1,000円(税抜)

2包入り

300円(税抜)