赤じそほうじ茶

赤じそほうじ茶

おもい

「がんばってね」
渡された一杯のほうじ茶。
肩の力がすっと抜け、
あたたかさが胸に染みる。
想いも一緒に、
もう一歩、進もう。

やすらぎと爽快感でリフレッシュ

赤じそほうじ茶

1包3g

14包入り

1,000円(税抜)

2包入り

300円(税抜)

のどを抜けた後の、爽快感

  • 焙煎度

    浅め 深め

  • すっきり コク

  • 香り

    さわやか 香ばしい

ホット&アイスで
異なる味わい

深煎りですっきりと仕上げた「ほうじ茶」に、
宮崎県産「赤じそ」とクスノキ科の落葉木「黒文字」をブレンドした変わり種。
ほうじ茶の香ばしさの後に広がる、
赤じそのほのかな酸味と黒文字の清涼感は一度飲むと癖になる味わいです。
香りを楽しむならホット、爽快感を楽しむならアイス、リフレッシュしたい時におすすめの一杯です。

赤じそと黒文字の
自然な清涼感

宮崎県五ヶ瀬地区で農薬を一切使わず、有機栽培された茶葉のみを使用。苦みや渋みを抑え、すっきりと仕上げるため、じっくり時間をかけて焙煎しました。清涼感を出すために選んだのは、宮崎県産「赤じそ」。えぐみを抑え、香りが引き立つよう、ほどよく乾燥させました。さらに「日本原産のアロマ」として注目されている「黒文字」の枝を焙煎してブレンド。ほっとできて、さらに気分すっきり。新感覚ほうじ茶の誕生です。

生みの親の話
宮﨑 亮
宮崎県 五ヶ瀬 「宮﨑茶房」

熊本県水俣

現在、四代目としてお茶づくりに携わる宮﨑亮さんのこだわりは、五ヶ瀬に代々伝わる「釜炒り茶」。厳しい自然環境のもと無農薬栽培に取り組み、安心で安全なお茶づくりに取り組んでいます。宮﨑さんの真摯な仕事ぶりと大らかな人柄に惹かれ、全国から多くの学び手が訪れます。おいしさへの追求はもちろん、五ヶ瀬町の魅力発信にも力を注いでいます。

  • 煎餅
  • あんこ系の
    お菓子
  • 魚料理
アレンジレシピを見る

やすらぎと爽快感でリフレッシュ

赤じそほうじ茶

1包3g

14包入り

1,000円(税抜)

2包入り

300円(税抜)